読書記録「自閉症関係の書籍」

今日は、東田直樹さんの「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」を読んだ。

 

自閉症は、異常な行動をとる人といった勝手なイメージが一掃された。学校の教科書に載せて欲しい内容。是非多くの人に読んで欲しい。

一気に読んでしまったが、何回も読み返したい本だ。

 

 

 

 

自閉症のことを知りたくて、次の2冊も。

 

 

 

 

 

 

実は自閉症は身近な障害なのかもしれない。とすれば、自閉症の症状を持たない者の理解も必要だな。