100円SHOPで購入できる蓋付ダンボールBOX「プレンティボックス(Prenty Box)」が便利!

f:id:mafukuda3:20190130192911j:image

今日は、自分が愛用している蓋付ダンボールBOXを紹介したい。

 

 

 

 アートディレクター佐藤可士和さんの書類管理方法

もともとこの商品に興味をもったきっかけは、アートディレクターの佐藤可士和さんが、仕事の書類全てをダンボールBOXに収納していることを知ったからだ。

デザイナーという仕事は扱う情報は膨大だ。それを上手に扱うためには、整理術は必須である。そのためのツールの一つとして佐藤さんは、ダンボールBOXを選択した。佐藤さんの事務所内の写真を是非、見ていただきたい。大量の書類が収納されているだろうBOXが棚に整列されている様は、一見の価値がある。

 

matome.naver.jp


素直にカッコいい。

これほど大量の書類を扱うことはないだろうが、真似できるようであれば、真似てみたい。

 

 

 バンカーボックスとは

佐藤さんが使用しているBOXが、どのようなものか調べてみたところ、フェローズというメーカーの「バンカーズボックス 」という商品であることが分かった。バンカーボックスは、銀行向けに大量の書類を適切・効率的に保管するために作られたものである。海外では、書類をこのようなBOXでの収納することは定番のようだ。

日本では、どうなのだろう。公官庁では、もしかしたら、このような書類保管方が確立されてるのかもしれないが、自分が知る限りでは、見かけたことはない。

  

www.fellowes.co.jp


 

そして、このバンカーボックスの値段は?

結構な値段だ。

 

 

100円SHOP、「Seria」で類似商品をみつけた。

バンカーボックスの値段を知り、購入を保留したが、その後、何かしら買い出しで訪れた100円SHOP「Seria」で、あのバンカーボックスにそっくりな商品を見かけたのだ。


商品名は、「プレンティボックス(Prenty Box)」。

A4サイズ、B5サイズ、CDサイズの3種類があり、それぞれのサイズの物が収納できるダンボールボックスだ。

f:id:mafukuda3:20190130193039j:image

お店では、このように折りたたんで販売されているが、実際に組み立ててて見ると・・・。

 

f:id:mafukuda3:20190130193119j:image

このように、バンカーボックスにそっくりに出来上がる。

いいじゃないか。

 

何よりも、1箱、100円で手に入るのが嬉しい。

自分は、A4サイズのボックスを使用していない物も含めると、10箱持っている。安いので遠慮なく、まとめ買いが可能なのだ。組み立て前の状態であれば、ほとんどスペースを取らないので、押入れの隅に収納している。

 

本来、BOXには「BOX NO.」「DATE」「CONTENTS」を書く欄があるので、マジックペンなんかで必要事項を書けば良いのだが、自分は、蓋の部分に、テプラで作成した分類名を貼っている。

 

 

 

プレンティボックス(Prenty Box)に収納している物

 

f:id:mafukuda3:20190130193214j:image

アップル製品の空箱や、Mac用のCDドライブ、その他ガジェット等の類を詰め込んでいる。

 

f:id:mafukuda3:20190130193227j:image

基本的に、書籍はKindleで購入することとしているが、電子化されていない書籍は紙媒体で購入することもある。この箱には、浦沢直樹マスターキートン村上春樹の小説が収められている。

 

f:id:mafukuda3:20190130193315j:image
もともと、書類保管のためのボックスとして作られているから当然であるが、Aサイズの書類もこのようにピッタリである。契約書、領収書、ネットで使用するパスワードが残すファイル等を収納している。

 

f:id:mafukuda3:20190130193147j:image

自分は、Prenty Boxには普段、使用しないものを収納しているので、ボックスは押入れの   天窓に並べて置いている。。

 

 

プレンティボックス(Prenty Box)の良いところ

 

  • 収納したい物を、どのボックスに収納するか決まれば、サイズが異なっていようが関係なくボックスに突っ込むことができる。
  • 収納スペースは、このダンボールの中だけと決めてしまえば、必要以上に物を増やさないよう心がけるようになる。
  • 安いので、まとめ買いが可能。それにより、デザインの統一化が図られる。
  • ボックスの横に、穴が空いているので、持ち運びがしやすい。
  • 単純に、ボックスのデザインがシンプルでかっこいい。
  • 畳むことが出来るので、不要になっても、ボックスの収納スペースで困ることはないだろう。

 

プレンティボックス(Prenty Box)の気になるところ

  • ダンボールの素材なので水に弱い。そのため掃除用具や洗剤等は収納に向かない。

  • 丈夫さもポイントの一つであるが、何十年も使えるほどの耐性はない。

  • ダンボールの素材は、虫が湧きやすいらしい。

 

 

終わりに

同じ100円SHOPの「ダイソー」や「ワッツ」のお店でも似たような商品が販売されているが、自分は、Seriaのプレンティボックス(Prenty Box)のデザインが好きなのでずっと愛用している。

今、使用しているプレンティボックスが永久に使用できるとは思わないので、劣化が進めば買い換えることになるだろう。

どうか、この商品は、販売中止にならずに販売を続けて欲しい。