コスパ高い宿!「ビジネスホテル福田屋」

f:id:mafukuda3:20190104121240j:image

年末年始に宿泊した宿の写真を残しておこう。

 

南千住駅から徒歩12分。この地域は、格安な宿が集まっている。その中でも自分が良く利用させてもらうのが、このビジネスホテル福田屋。自分は東京を訪れる際は、必ず交通費とセットで宿を押さえるが、ここの通常の一泊の宿泊費は3,000円らしい。

 

 


f:id:mafukuda3:20190104121228j:image

格安ホテルである福田屋であるが、ここのスタッフの方々は皆、丁寧な接客だ。マニュアル化された接客というよりは、元々の性分なのだろう。元旦の日に、宿をでるときは、「新年あけましておめでとう」の挨拶もあった。

印象的だったのが、ここのスタッフのおっちゃんだ。歌謡曲が好きなのだろう。このおっちゃんがいるときは、いつもラジカセで歌謡曲がかけられている。そして、口ずさむ。曲のサビに差し掛かると、接客中だろうが御構い無しに、口ずさむ。繰り返そう、だが、接客は丁寧だ。

 

  • 食事の提供はないので、外で購入してくるか、外食しよう。
  • 門限は23時だ。それ以降は、入口ドアにかけられたロックをパスワード解除して出入りすることになる(パスワードの番号は、スタッフの人から教えてもらえる)。

 


f:id:mafukuda3:20190104121235j:image
f:id:mafukuda3:20190104121232j:image

 

 

f:id:mafukuda3:20190104121246j:image

洗面所と給湯器
f:id:mafukuda3:20190104121221j:image

各フロアには、トイレがある。ちなみに個室はウォッシュレット付きだ。

 

写真はないが、24時間利用可能なシャワー室が2室。

男女で利用可能な時間が定められている大浴場が一つ。おっちゃんが、やけに勧めてくるので、是非、大浴場も利用しよう。

 

リンスインシャンプーとボディーソープは、結構泡立ちやすいので、ボディタオルは要らないかも。

 


f:id:mafukuda3:20190104121249j:image


f:id:mafukuda3:20190106112445j:image

部屋は、はっきりいって狭い。和室の3畳だ。

しかし、落ち着く。

 

f:id:mafukuda3:20190104121225j:image

タオル、バスタオル、浴衣が用意されている。カミソリはないので、近くのコンビニで購入するか、持参しよう。


f:id:mafukuda3:20190104121238j:image

新しめなエアコンが設置されている。


f:id:mafukuda3:20190104121255j:image

テレビと冷蔵庫。


f:id:mafukuda3:20190104121252j:image

部屋の中では、無線LANが使用可能だ。

 

 

この宿は、浅草に近いこともあり、外国人宿泊客が多いようだ。女性客も多いことも印象的であった。

 

このホテルは、次のような人におすすめだ。

  • 自分のように、宿はシャワーが浴びれて寝るだけで良いと思っている人

  • とにかく安い宿を探している人

  • 浅草観光をしたい人

  • 長期間、東京に滞在する人