名古屋、京都、大阪の旅①

12/6から12/8まで、出張ついでに名古屋、京都、大阪に行ってきたのでまとめてみた。

出張の際は、可能な限り、業務がある日の前後に年休をつけて観光を楽しむこととしている。今回の出張の用務は、12/7に名古屋で開催されるイベントへの出席。秋田からの当日移動では間に合わないため、前日は移動日となる。更に業務翌日は、土曜日ということもあり、まる2日はフリーとなる日程である。そして、出発日となる6日は朝一の便(ANA)で秋田空港から中部国際空港へと飛んだ。

機内では電波トラブルを避けるために、スマホなどは電波を発生させる状態での使用が禁止されているが、航空会社指定のWiFiを使用することは可能である。それを見越して、ANAのアプリをiphoneにインストールしておいたのだが、自分が乗った機は残念ながら、WiFi を使用できない機であったようだ。 そのため、機内ではいつものように機内誌を読んで過ごした。このような交通機関のシートに置かれている雑誌を読むのは、嫌いではない。こんな時ぐらいしか読み物をゆったり目を通す機会がないのだ。 それと、ふと思い出したが、新幹線のシートに置かれている面白グッズが紹介されている「Train Shop(トレインショップ)」が、廃刊になったようだ。その雑誌に掲載されている商品を自分が買うとは思えないが、良い暇つぶしになっただけに、残念だ。 車移動が当たり前になった今の自分は、移動中に本を読むということがなくなった。移動時に限らず仮に、時間が余裕があったとしても、本をじっくり読むということは、なかなか難しい。ついつい、スマホをいじったり、他の用事を優先してしまう。 だから、本をゆっくり読むためだけの時間というのは、自分にとって非常に貴重なのだ。

 

モード学園の建物、スジャータ、でんきの科学館

そんなことを考えながらいたら、機内誌を読んでいたら、いつのまにか中部国際空港についていた。 そこから特急電車で名古屋駅まで移動。 すると、おなじみの建物が見える。

f:id:mafukuda3:20181211202238j:plain  

そうである。 名古屋駅を出ると目の前に見える建物、モード学園である。 モード学園は、ファッション、メイク、デザインを学ぶ専門学校であり、この建物は「モード学園スパイラルタワーズ」という名称のようだ。 また、東京にある同学園の建物はコクーン(繭)をイメージしており、「モード学園コクーンタワー」と呼ばれているらしい。 いずれにせよ、相変わらずの風格で見るものを圧倒してくれる。最上階にはラスボスがいるのではと感じてしまう。

f:id:mafukuda3:20181210194855j:plain また、ふと横を見てみると、スジャータのトラックが停まっていた。 自分はスジャータの食品は何も食べたり飲んだことがないのだが、昔、深夜ラジオのオールナイトニッポンを聴いていると、スジャータのCMが流れていたことを思い出す。どうやら愛知が本社らしい。    名古屋には数ヶ月前に来たばかりなので、特に見たい場所はなく、今日は適当にぶらついてみることにした。 すると、「でんきの科学館」の建物があったため入、館してみる。 f:id:mafukuda3:20181210234405j:plain f:id:mafukuda3:20181210234337j:plain ここは、中部電力が運営するPR展示施設で電気に関する科学館であるようだ。

f:id:mafukuda3:20181210234416j:plain おっ、これは「イライラ棒」 昔、ウッチャンナンチャンのバラエティ番組の企画であったものだ。  

同博物館の入り口にはLEGOが飾ってあった。 LEGOLANDのPRのためのようだ。 ​f:id:mafukuda3:20181210234325j:plain パンダとシマウマだろうか?   ​ f:id:mafukuda3:20181210234341j:plain 近づいてみると、その凄さがよく分かる。      

大須観音大須のアーケード街

  でんきの科学館を後にし、更に歩いて行くと、大須観音が見えてきた。 ​f:id:mafukuda3:20181210234302j:plain f:id:mafukuda3:20181210234322j:plain

そして、 大須のアーケード街へと移動。 名古屋は、観光名所が少ないと言われているが、大須のアーケード街は誰もが立ち寄ってみたい場所ではないだろうか。 ​​

f:id:mafukuda3:20181210234329j:plain 堂々とした大須アーケードの門構え。

f:id:mafukuda3:20181210234313j:plain f:id:mafukuda3:20181210234309j:plain f:id:mafukuda3:20181210234254j:plain 昔ながらの洋品店。アーケード街でのスカジャン販売率は高い。

f:id:mafukuda3:20181210234247j:plain ブラジル料理が楽しめる「ブラジル食堂」 ​

f:id:mafukuda3:20181210234316j:plain レトロ感溢れるおもちゃ屋さんもある。 見る人が見れば分かる掘り出し物とかありそうだ。 ​

f:id:mafukuda3:20181210234347j:plain f:id:mafukuda3:20181210234258j:plain

f:id:mafukuda3:20181211202647j:plain

f:id:mafukuda3:20181210234356j:plain アーケード街の中に神社もある。

 f:id:mafukuda3:20181210234420j:plain アーケード街の端には広場があり、演奏会等のイベントが開かれることもあるらしい。 ここにはアーケード街のシンボルとも思える巨大な招き猫が設置されている。   大須のアーケード街は、ただ見て回るだけでも充分楽しめる。 全てをストリートを歩いて回るには結構な時間を要することになる。 また大須には、「OS☆U」というアイドルグループがいるらしく、地元を盛り上げる活動をしているとのこと。   f:id:mafukuda3:20181210234351j:plain 仕上げは、餃子の王将で腹ごしらえ。

​旅先では、決まって餃子の王将に入る。 メニューを選ぶのが面倒でいつも炒飯セットを食べている。 そういや、名古屋で美味しいと言われている食べ物って何だったけ?  

f:id:mafukuda3:20181210234400j:plain
ホテルに到着。毎回、出張やひとり旅の時は、一番安い宿を選んでいるが、部屋に入ると今夜の部屋はツインルームであった。 タオルも2人分セットされているのが、なんか申し訳ない。 ホテル側で、部屋を間違えたのではないだろうかと思ったが、この部屋はエレベータのすぐ隣であり、誰かがエレベーターを使用する度に結構な騒音が聞こえてくる。 どうやら、この部屋のランクは高くはないようだ。   それでも、ベットで横になっていたら、いつのまにか寝ていた。 ​  

​