入居(H30.3)後の自宅の様子

今住んでいるのは、1Kの賃貸アパート。 ここに住む前は、一軒家に一人暮らしをしていた。 もともと、物をあまり持たない生活だったが、引っ越しを機に不要な物は全て断捨離。 気持ちを新たに、生活をスタートすることとした。

備忘録として、このアパートに入居した頃の様子を記録として残しておく。 (この記事は2018年12月に、当時を思い返して作成している。)


この物件を選んだ理由は

  • 職場に徒歩で通える場所にあること。

  • 1kで10畳と、一人暮らしにはちょうど良い広さなこと。

  • プロパンではなく都市ガスが使用できること
  • 何よりも、家賃が駐車料金も含めて26,000円と激安なこと。


持ってきた荷物、入居後に購入した物

新居に持ってきた荷物は次のとおりだ。 荷物が少なかったので、自分の車に荷物を積んで運んだ。

  • 家具(ラタンチェア×2、テーブル×2、メタルラック)
  • 電化製品(テレビ、Blu-rayプレイヤー、AppleTV、Nintendo Switch無線LANルーター、置時計、IHコンロ)
  • 服(スーツセット×2、ワイシャツ×7、スラックス×2、下着類)
  • 化粧品等、ドライヤー、アイロン
  • 炊飯器、ケトル
  • 掃除用品
  • その他(契約書、通帳・印鑑等、重要書類、小説・漫画等、)
  • 鞄(iphoneiPad Pro、筆記用具)
  • 後日、処分するが、iMacMacBook Airもあった。

入居後に購入した物

  • カーテン
  • 小さいテーブル
  • ハンガーラック



リビング(モデムとルータの置き場)

f:id:mafukuda3:20181220232059j:plain

一番困るのが、インターネットのモデムと無線LANルーターの設置場所だ。 取り急ぎ、テーブルの棚にこれらを設置することにする。テーブルの上は鞄置き場としよう。



リビング(テレビの設置場所)

ミニマリストでありながら、自分はテレビを持っている。

f:id:mafukuda3:20181220232323j:plain

アンテナ端子が近く、ちょうどいい感じにスペースが引っ込んでいる。 テレビの設置場所は、ここしかないだろう。テレビ台はないので、直置きだ。 Blu-rayプレイヤー、任天堂Switch、AppleTVもテレビの隣に。

Blu-rayプレイヤーは、使用率が極端に低いため、押入れに避難。 そして、小さいテーブルとラタンチェアをセットした様子。

「うん、テレビの画面が見にくい」 テレビ台が必要だ。



リビング(押入れ)

寝室専用の部屋はないので、リビングが寝室を兼ねる。 リビングの押入れの中に、服や布団を収納することにする。

布団の下には、湿気防止のため、スノコをセットした。 問題が一つある。布団は下の段に余裕で収納することは出来るが、出し入れの際に扉が邪魔になってしまうことだ。何かしらの対策が必要だ。

下着等を収納するBoxを購入する予定であるが、今はないのでplenty Boxに一時避難。 書類(契約、領収書)や、書籍も、plenty Boxに入れて収納する。 100均で購入したplenty Boxが大活躍だ。



キッチンフロア

f:id:mafukuda3:20181220232359j:plain

キッチンフロアには、メタルラックを設置した。 とりあえず、リビングにはまらないものは全てここに一時避難。

この時点では、洗濯機と冷蔵庫はない。 いずれ購入することになるが、急ぐ必要はない。じっくり購入すべき製品を検討しよう。